乙なニュース
                
    

    1 :Ψ:2012/12/11(火) 14:18:47.02 ID:W7cdI4zjO
    「寒い中わざわざ表に出て来ての暖かいご声援ありがとうございます!」
    と返された、何だか完敗した気がする

    8 :Ψ:2012/12/11(火) 14:23:09.95 ID:ZmWL72wm0
    >>1
    それ、そう返すようにマニュアルにあるよ

    怒鳴られたら「声援ありがとうございます!」
    「ぐぬぬ…」ってなるから

    40 :Ψ:2012/12/11(火) 15:20:38.62 ID:mSCdiSH30
    >>8

    確かにあっちは声量でこちらを上回る
    なんとかならぬものか…
    怒鳴ってダメなら…


    笑わせる? 
    『選挙カーに「うるせえ黙れ」と怒鳴ってみた』の続きを読む

    1 : パンパスネコ(愛知県):2012/12/09(日) 20:28:14.93 ID:ikM9fEvxP ?PLT(15001) ポイント特典

    橋下徹・日本維新の会代表代行

     なんで選挙運動をインターネットでやったらダメなんですか。公職選挙法に抵触するおそれがあると、候補者1500人もいるのに今みんなネット止めちゃった。

    僕だけがツイッターやってるんです。バカげた国ですよ、ほんとに。ネットがあれば皆さんどんどん政治家に直接文句言えるし、どんどん政治家に直接コミュニケーションとれる。

    これからの日本社会、重要な民主主義のツールになるはず。

     今のネット空間の重要性を考えたら、こんな公選法なんてバカげたルールは政治家が一喝して変えなきゃいけない。

    こんな状況を変えられない今までの政治家に何を期待するんですか。もしかすると僕は選挙後に逮捕されるかもしれません。

    その時は皆さん助けて下さい。公選法に抵触するおそれがあるとかいろんなこと言われてました。僕はそれはないと思うんですけどね。

    (東京・秋葉原での街頭演説で)



    3 : ウンピョウ(関西・北陸):2012/12/09(日) 20:29:10.36 ID:rKJy+WeG0
    「秘書がやった」と言えばいい

    4 : クロアシネコ(東京都):2012/12/09(日) 20:29:13.25 ID:32LejHIe0
    議員になって環境整ってからでかいこと言え

    5 : スノーシュー(福島県):2012/12/09(日) 20:29:15.93 ID:3/a4JM200
    とりあえず大阪市長の仕事してくれ 
    『橋下氏「僕は選挙後に逮捕されるかも。みんな助けて!」』の続きを読む

    1 :そーきそばΦ ★:2012/12/10(月) 11:14:37.28 ID:???0
    「尖閣問題では、日本政府に弱腰なところにイライラしたけれど、テレビとかで安倍さんの『国防軍』『万が一、交戦状態になっても』という発言まで聞くと、
    なんかひいちゃいます。正直、怖いと思いました」(47・主婦)

    いよいよ選挙モードに突入した街中で、こんな女性の声が聞こえてきた。その発端となったのが、安倍晋三自民党総裁が公約に掲げた『国防軍を設置』だ。
    平和主義を残す形で憲法を改正し、自衛隊を国防軍と位置づけ、人員や装備、予算を拡充していくというものだ。
    自衛隊が国防軍になったら何が変わるのか。ジャーナリストの大谷昭宏さんは次のように話す。

    「戦争をしない、軍隊を持たないという憲法9条を改正しなければなりません。つまり日本が戦争できる国になってしまうということです」

    また、元参議院議員の田嶋陽子さんは、”強い日本”を中国や韓国に見せつけることが必ずしもいい結果を招くとは限らないと語る。

    「向こうが軍を出せば、こっちも軍をというのは、あまりにも短絡的。安倍さんは『強い国』とは軍を持つことだと考えているようですけど、
    軍を持てば中国や韓国との緊張が、いたずらに高まるだけです」

    女性自身 12月10日(月)7時8分配信



    18 :名無しさん@13周年:2012/12/10(月) 11:17:23.49 ID:WsD/Efvu0
    >>1-2
    外国行っても国防軍があるのは変わらないぜ?w

    21 :名無しさん@13周年:2012/12/10(月) 11:17:50.83 ID:vKWOLEP+0
    >>1
    田嶋陽子ってタックルで完全にヒス馬鹿扱いされてフルボッコされてただろw

    41 :名無しさん@13周年:2012/12/10(月) 11:19:11.02 ID:dgGkq3Zo0
    >>1
    まだこんな状況で「万が一戦争になったら」を否定する
    アホ平和ボケな奴は日本に居る必要なぞありません
    ていうかおまえ半島人だろ?さっさと祖国へ帰れよ 
    『安倍晋三の国防軍公約にドン引き女性多数「孫を連れて日本を捨てる」』の続きを読む

    1 :おじいちゃんのコーヒー ◆I.Tae1mC8Y @しいたけφ ★:2012/12/10(月) 13:08:02.78 ID:???0

    急激な気温の低下で冷え込みが激しい12月。防寒対策は間に合っているだろうか。
    特にスーツを着るビジネスパーソンにとって、上半身はコートを羽織れば暖かいが、 足元は女性のようにブーツを履くことはなかなかできず、冷えは解消できないとの声も多い。

    そんな中、靴下やストッキングの大手メーカー、ナイガイから、意外なアイテムが発売になった。
    それが「メンズパンスト」だ。価格は1575円(無地)。名前の通り、女性が愛用しているパンティーストッキングの男性版だ。バレエダンサーやスキーヤー向けのアンダーウエアなのだろうかと思ったが、ビジネスパーソンに受けているという。人気の秘密は男性ならではのこだわりだとか。そのこだわりについて探ってみた。

    一見、女性用の厚手のタイツだが、パッケージには「メンズ」の文字と、前開きステッチ部分が見えるようになっている。手触りは女性用のタイツと同じ。厚さは、男性の綿素材の靴下に比べれば薄手の80デニール。前開きがついている部分以外は、まるで女性用のものと変わらない。

     メンズパンストは、数年前から自社のネット通販に寄せられる男性の声を反映して開発されたものだと、ナイガイの紳士靴下担当マーチャンダイザーの小山雄大氏は話す。

     「自社のネット通販で女性用タイツの販売をしているが、じつは以前から男性にも隠れた需要があった。ユーザーの反応は、薄手なのに暖かくて、スラックスの下に履いてもかさばらないので重宝しているという。男性用も開発できないかという声が多かった」。
    そこで、満を持して開発に着手したのだという。
    01_px400

    2 :名無しさん@13周年:2012/12/10(月) 13:08:35.52 ID:UWJoOOQu0
    股引じゃないのか??

    3 :名無しさん@13周年:2012/12/10(月) 13:08:42.40 ID:Q8NREs4g0
    ももひきだろ。昔から愛用してるよ。

    4 :名無しさん@13周年:2012/12/10(月) 13:08:56.59 ID:WZxgTRB90
    温かいらしいからね 
    『ビジネスパーソンに「メンズパンスト」が激売れ! 「自転車通勤、外回りに需要あり」 』の続きを読む

    サイトについて

    サイト名:乙なニュース
    URL :http://blog.livedoor.jp/otsunews/
    RSS :http://blog.livedoor.jp/otsunews/index.rdf  
    2013年6月7日より以下に変更しました。
    (一般利用者のかたは特に意識しなくても自動的に新URLでのアクセスとなります)
    URL :http://otsunews.doorblog.jp/
    RSS :http://otsunews.doorblog.jp/index.rdf

    サイトオープン:2012年12月。

    連絡先
    blogportal-web.jp
    ※上記の*を@に変えてメール送信して下さい。 

    ・リンクについて 
    リンクは当然フリーとなっております。 
    相互リンク、相互RSSに関してはアクセスランキング、デザイン、内容等を考慮して追加させていただきますのでメールにてご連絡ください。
    特にご連絡いただかなくても、一定以上のアクセスを送っていただいた場合はこちらから勝手にリンク・RSS取得をする場合がありますが、ご了承ください。

    ・サイトの内容について 
    主に2ちゃんねる、痛いニュース+板、ニュース速報+板、ニュース速報涙目ニュースから気になったスレをピックアップしてまとめています。速報性の高いニュースに関してはなるべく早めにまとめますが、マイナーな話題でスレの進行が遅い場合や管理人がまとめられる環境にない場合は遅くなることもあります。

    当ブログで扱った投稿内容に問題がある場合や、後日談が投稿されていたなど、お気づきの点がありましたらご連絡ください。

    当サイト記事内に使用されている画像、映像の著作権は各権利所有者に帰属します。万が一掲載に問題がありましたら権利所有者様ご本人より当サイトへご連絡していただければ適切な処置をいたします。 
    又、リンク先で起こりえるトラブルにつきましては当サイトは一切関知しておりませんのでご利用の際は自己責任にて対処して下さいませ。 

    このページのトップヘ