1: 禿の月φ ★ 2013/09/09(月) 06:04:47.67 ID:???P
勝利の決め手は最終プレゼンテーションだった。開催地を決める投票前の最後のアピールの場で、東京は東日本大震災からの復興などを開催意義に加え、「情感」に訴えた。フリーアナウンサーの滝川クリステルさん(35)は流暢(りゅうちょう)なフランス語で日本の「おもてなし」を紹介。マドリード優位との下馬評を覆し、国際オリンピック委員会(IOC)委員の心をつかんだ。

 得意の“斜め45度”ではなく、正面からIOC委員たちをじっくり見つめ、身ぶり手ぶりで訴えた。『クール・トーキョー・アンバサダー』として壇上に立った滝川さんは、鼻にかかった“本場”のフランス語を場内に響かせた。

 「東京は皆さんをユニークにお迎えします。日本語で『おもてなし』と表現します。それは訪れる人を慈しみ、見返りを求めない深い意味があります」

 東京の魅力を世界に向けて発信するコミュニケーターとして、“ネタ”の仕込みもバッチリだった。(1)昨年に落とし物として東京の警察署に届けられた現金は3000万ドル(約29億7000万円)以上(2)7万5000人の旅行者を対象とした最近の調査で、公共交通機関の便利さ、街の清潔さ、タクシーの運転手の親切さにおいて東京は世界一である-を強調した。
>>2以降に続きます)

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/sports/news/20130909/oly13090905110007-n1.html
http://www.sanspo.com/sports/news/20130909/oly13090905110007-n2.html
画像:フリーアナウンサーの滝川クリステルさんは流暢なフランス語で日本の「おもてなし」を紹介
流暢なフランス語で日本の「おもてなし」を紹介する滝川クリステルさん

東京五輪決定で喜ぶ滝川クリステルや関係者

関連ニュース
【五輪招致】2020年夏季五輪開催都市は東京に決定★9
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1378625880/

2: 禿の月φ ★ 2013/09/09(月) 06:05:05.72 ID:???P
>>1からの続きです)
 招致大使に任命されたのは6月24日。さっそく7月3日にスイス・ローザンヌで行われたIOC委員に対して開催計画を説明するプレゼンテーションに抜擢(ばってき)されるなど、即戦力として活躍してきた。

 「(おもてなしは)先祖代々受け継がれ、最先端の文化にも根付いています。なぜ日本人が互いに助け合い、お迎えするお客さまを大切にするかを示しています」

 日本人の武器を端的に示したのは、さすがの一言に尽きる。フランス人の父を持ち、パリで生まれた才媛が、東京五輪招致ドラマの主演女優となった。(了)

滝川クリステルのプレゼンの様子(動画)


7: 名無しさん@恐縮です 2013/09/09(月) 06:08:12.34 ID:JfnkP3J/0
ありがとうクリトリスさん

続きを読む