乙なニュース
        
    
     

    孫正義

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ドラゴンスクリュー(SB-iPhone) 2013/09/19(木) 17:04:36.96 ID:0fBRpmBdi BE:1090091243-PLT(12000) ポイント特典
     ソフトバンク 孫正義

    「のりかえ学割」を9月20日より実施
    掲載日:2013年9月19日
    いつもソフトバンクモバイルをご利用いただき、ありがとうございます。ソフトバンクモバイル株式会社は、他社からの乗り換えで新規加入する学生を対象にした新キャンペーン「のりかえ学割」を、2013年9月20日から実施します。
    http://www.softbank.jp/mobile/info/personal/news/cm_campaign/20130919b/

    18: ボマイェ(家) 2013/09/19(木) 17:24:03.09 ID:vaz+EHcP0
    後出しでこれ…

    3: ラ ケブラーダ(東京都) 2013/09/19(木) 17:05:13.47 ID:m++xhZHP0
    ハゲは死んじゃったの?(´・ω・`)

    4: シャイニングウィザード(青森県) 2013/09/19(木) 17:06:30.52 ID:Pue6E+6w0
    この位しか無いのかよ・・・

    続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ボルネオウンピョウ(WiMAX) 2013/06/07(金) 08:55:10.17 ID:kUYkjboVP BE:4882332299-PLT(12000) ポイント特典
    son世界のメディア王と呼ばれる米ニューズ・コーポレーションのルパード・マードック会長が、 今年に入ってひんぱんに日本を訪れている。

    マードック会長は今年6月に『20世紀フォックス』を『21世紀フォックス』に改称。同時に、 同社と一体化していた出版・新聞事業の『ニューズ・コーポレーション』を切り離す方針である。 そのアジア地域での準備、打ち合わせが訪日の理由としている。

    ただ、マードック会長が成田でプライベートジェット機を降りて最初に会いに行くのは、支社の幹部社員ではなく孫正義ソフトバンク社長だ。

    「'96年、2人はタッグを組んでテレ朝の買収を仕掛けた。大株主である旺文社メディアを417億円で買収、当時の筆頭株主である朝日新聞を驚かせた。そこで朝日新聞は買収価格以上の料金で買い戻した。
    一説には450億円とも、それ以上ともいわれています。その儲けを山分けしたマードックと孫はそれ以来、かたい絆で結ばれている」(某テレビ局社員)

    実は、マードック・孫両氏の動きをぴったりマークしている部署がある。それはテレ朝のみならず、キー局の表に出ない裏情報収集スタッフである。

    「各局の総務局や経営企画室などに、重要な情報収集をおこなう隠れキーマンが2~3名いる。 時にはホステスを利用するハニートラップ戦略まで手を染め、極秘の一級情報を集めている」(放送業界紙記者)

    では、マードック会長のひんぱんな訪日をどう分析しているのか。

    「マイスペースなど、SNS関連の会社は既にある。狙いはやはりキー局の買収でしょう。ターゲットは、ずばりフジ・メディア・ホールディングス。認定放送持ち株会社のため、買収はできないことになって いるが、必ず抜け穴はあるというのが2人の発想です。'13年3月期におけるフジ・メディア・ホール ディングスの売り上げは6288億円。その中でフジテレビはその半分程度の3235億円しかなく、フジ ・メディア・ホールディングスはもはや純然たる放送局ではなくなってきている。サプライズで買収 はあるかもしれません」(放送関係者)

    82歳になったマードック会長とキー局情報収集スタッフの“神経戦”はこれからが本番である。

    http://wjn.jp/article/detail/8485847/

    3: ボンベイ(東京都) 2013/06/07(金) 09:02:13.14 ID:OhwyhJyP0
    フジテレビっていう名前と局がなくなるのか、まぁなくなってくれ。
    はやく買収してくれ。

    4: 斑(東京都) 2013/06/07(金) 09:03:00.15 ID:MWGdxh4F0
    買収しても中の人入れ替えなきゃそのままダメなだけだろ

    5: サーバル(アメリカ合衆国) 2013/06/07(金) 09:03:28.88 ID:J8tyH9Sb0!
    マードック先輩

    続きを読む

    このページのトップヘ