1: そーきそばφ ★ 2013/09/11(水) 22:53:00.17 ID:???0
桜宮高校バスケ部の暴力教師小村基
 
昨年12月、大阪市立桜宮高校のバスケットボール部のキャプテンだった男子生徒(当時17歳)が体罰を苦にして自殺した事件で9月5日、男子生徒への傷害と暴行の罪で起訴された当時の顧問教諭、小村基(はじめ)被告(47)の初公判が大阪地裁であった。起訴の決め手になったともされる「ビデオ映像」が公開され、法廷に戦慄(せんりつ)が走った。

 小村被告は、起訴内容を認め、遺族に深々と頭を下げて謝罪した。だが、検察側が証拠として、自殺前日の昨年12月22日、桜宮高校であったバスケットボール部の練習試合を撮影したビデオ映像を公開すると、法廷の雰囲気が変わった。

 この映像は体育館の2階から撮影されていた。試合中にもかかわらず、小村被告はプレーをしていた男子生徒を平手で殴りつけた。さらにコートの中を追いかけ、体育館の壁に追い詰め、逃げられないようにして20発ほども殴り続けていた。

 バチン、バチンという平手打ちの音が、かなり遠くから撮影されていたビデオ映像にはっきり記録されていた。検察側は、「口が血まみれになっても殴っていた」と指摘した。

 被害者参加制度を利用して男子生徒の母親(45)も小村被告への質問に立ち、激しく追求した。「ビデオ映像では30秒近く殴っている。何を考えて殴ったのか」。

 小村被告は小さな声で答える。「指導です。強くなってほしいと……」。

※週刊朝日 2013年9月20日号
http://news.goo.ne.jp/article/dot/nation/dot-2013091000034.html?fr=rk
(続)

2: そーきそばφ ★ 2013/09/11(水) 22:53:08.33 ID:???0
 母親はさらに続けた。「あなたの調書を読みました。『鼓膜が破れないように叩く。生徒が動くと破れることがある』と書いてあった。(鼓膜が破れたら)責任は生徒なのか?」「指先で触るように殴るとも話していた。なぜ、それでケガをするのか?」

 母親の厳しい問いかけに、小村被告は無言で何も答えられない。さらに母親は、男子生徒が小村被告に対してキャプテンを続けると約束したときのことを聞いた。

「あなたは『キャプテン続けるなら殴られてもいいんだな』と息子に言いましたね」

「はい。本当に申し訳ありません」

 消え入るような小さな声になる小村被告。母親は男子生徒が自殺した後のことにも触れ、「学校から止められているとか、体調が悪いといって、弔問に来なかった。息子の兄が連絡して初めて来た」。こう指摘すると、小村被告はうなだれるように認めた。
(続)

3: そーきそばφ ★ 2013/09/11(水) 22:53:19.63 ID:???0
 公判ではほかにも、小村被告が男子生徒だけではなく他の部員にも暴行していたことや、教師になった24年前からずっと体罰指導を続け、桜宮高校で教諭だった妻も体罰を容認していたこと、部員以外への体罰で学校から指導されると部員限定で体罰を続けたことなど、次々ととんでもない事実が明かされた。

 公判終了後、男子生徒の両親は記者会見し、母親は法廷で明るみに出たこと以外にも、さらなる体罰があったと話した。「小村被告は、部員を倉庫で隠れて殴っていた。通称倉庫インと呼ばれていた。息子は倉庫の中からドンドンと音がするし、鼻血を出していたりするのでわかると話していた」。

 そして、こう訴えた。「謝罪に来たのも2度だけです。法廷を見ても、まったく反省していない。暴行傷害罪ではなく、傷害致死罪だ。許せない」。

 検察は懲役1年を求刑し、結審した。判決は9月26日に言い渡される。(終)



10: 名無しさん@13周年 2013/09/11(水) 22:57:07.73 ID:p0+kkUh10
ひでー

12: 名無しさん@13周年 2013/09/11(水) 22:57:18.71 ID:I6zrmRJTP
こういうクズを許すなよ

11: 名無しさん@13周年 2013/09/11(水) 22:57:09.96 ID:niRWBdC5O
ただね、回りの見て見ぬふりをしてきた人々も汚い。

続きを読む